ロサンゼルス生活ブログ -住んでみたらこんなとこ!-

palmtree.exblog.jp
ブログトップ
2012年 12月 13日

わたしのF-1ビザ取得録3

今日の学校も楽しかった!
わたしがいるクラスは、ロシア語が飛び交ってます。笑
(レベル1のクラスなので。笑)

では、続きを書きたいと思います。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

面接当日。。

わたしは東京のアメリカ大使館を選びました。
大阪の方が5年間のビザが下りやすいと、よく耳にしました。

結論から言います。
わたしは5年間のビザが下りました。

面接で大切なことは、
『アメリカで学校へ通った後、日本へ帰国する意思があること』
『アメリカ生活の間の資金が十分にあること(または、親からの援助があること)』

これらの意思表示をはっきりさせることだと思います。


わたしの場合、こんな感じのやりとりでした。
(面接官はアメリカ人でしたが、ペラッペラの日本語で聞かれました。)

面接官:アメリカのどこへ行くのですか?
わたし:ロサンゼルスです。
面接官:どこの学校へ行くのですか?
わたし:語学学校です。1年程行った後、カレッジに行きたいと思っています。
面接官:どのくらい滞在する予定ですか?
わたし:3年間くらいです。
面接官:資金は、誰が作られたのですか?
わたし:自分自身で、です。もし足らなくなったら、親に援助してもらう予定です。
面接官:(書類などをちらっと見て・・・)あなたのビザ発行は許可されました。
    約1週間程で申請された住所へ送られます。

わたし:わかりました。ありがとうございました。

終了です!!
聞かれる前に、こっちから言ってやろう作戦で行きました。笑
待ち時間は長いですが、面接はあっという間に終わりました。
面接というより、窓口で少し話す程度でした。
あの不安はどこへやら。終わってみると、こんなもんか、という感じでした。


そして1週間後、無事自宅にビザ付きのパスポートと、
面接時に提出した書類が全部、手元に戻ってきました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

以上が、わたしのビザ取得録です!

アメリカに入国の時も、ビザ取得の際に面接をしているからか、
旅行の時ほど色々聞かれませんでした。

アメリカ入国する時、I-20を忘れずに持ってきて下さいね〜!
どうやらあの紙は、パスポートの次に学生にとって大切な紙のようです。。


あまり細かい所まで説明はできませんでしたが、
(わかりづらかったと思います、すみません。。)
参考になれば、嬉しいです!!


読んで頂き、ありがとうございました☆



海外生活


こちらにも参加しています☆
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ
にほんブログ村




[PR]

by palmtreeandsunset | 2012-12-13 17:48 | F-1ビザ


<< イルミネーション in Dow...      わたしのF-1ビザ取得録2 >>